とごえもんの休憩所

現在更新を止めております。たまに書く予定。

なんのために生まれて なにをして生きるのか

人生の3分の2くらい、自分を抑えて生きようとしていました。

知人友人親兄弟の祝辞弔辞ですら仕事に穴を開けるならば、それは許されない事だとなかば洗脳のように毎日言われ続ける日々も過ごしました。

周りからの圧力もありますが、私は自らを他から隔絶させようとしていた事もあります。

内からの声と、外からの圧力。

実はさみしがり屋の自我。

その狭間で、もがこうとする自分。

 

私の事を指して、なにがしたいのかわからないと評する人もいます。

私の態度を指して、他人を拒絶してると言う人もいます。

昔からいます。

飽きました。

はたしてそういう人達は私を理解するための具体的なアクションを起こした上で私をそう評しているのか?

答えは「否」です。

周りから見てるだけじゃ、人の真意ってなかなかわかんないですよね。

一緒に同じスピードで動かないと。

 

自分がなにをしたいのか?

その「なに」が手段をさすのであるならば、私にもそれはわかりません。

しかし、「どうなりたいか?」であるならば、答えはあります。

 

私は、いつでも会いたい人に会える環境を作りたい。

それは、色々な事に疲れ果て34の時に宮崎に帰ってきた日にもった目標です。

友人知人従姉妹など、ほとんどの人の結婚式やなんやらを仕事を理由にほぼ全て欠席してきた事が、ずーっと後悔として心にありました。

宮崎に帰ってきてからもその呪縛は続き、大切な人の結婚式に出なかったりしました。

会社からダメと言われたわけでもないのに自分でダメと決めつけ、そういう席を辞退してきました。

なんかそういうのって、ずっと尾を引くんですよね。

 

その呪縛って自分にしか解けないんですよ。多分。

それを解くための試行錯誤はいっぱいしてきました。

このブログもその一環。

自らを見つめ、改善していくための手段。

 

よく、「覚悟がたりない」だの「腹を決めろ」だの判で押したような言葉を他人にかける人がいますが、それは自分で自分自身にかける言葉であって他人にかける言葉ではないと思うのです。

だいたいそういう言葉は思考停止を招きます。

言葉の響きは良いかもしれませんが、自分でその言葉の内情を理解して自分に唱えるならばそれは問題ありません。

ですが、他人の感情の中にその言葉を投げると他の道を寸断する呪いになるんじゃないかなーと思うわけです。

 

私は自分で自分を生きるために覚悟を決めてます。

そして、私はそういう生き方への理解を誰にも強制はしませんし、他の方の生き方も尊重します。

色んな人がいて、色んな生き方があるから世界は面白い。

そんな広い世界であっても、自分の人生と交われる他人というのは本当にたかがしれてるんです。

そのわずかな出逢いを大切にし、そのわずかな人達の思いで生かされてるんじゃないかと常々感じています。

 

そんな人達に会いたい時に会える。そしてそんな人を色んな場所につくっていけたら人生楽しいよねと。

 

と、私がお世話になっている方の息子さんが亡くなり、あらためて考え直しました。

私の妻、息子、娘がもし亡くなったらと考えるだけでも心が引き裂かれそうになります。

だから、この時間を大切にしていきたいですし、この時間を大切にするための環境をつくる努力は絶やさぬようにしていきたいです。

 

それでは最後に。

K君のご冥福をお祈りいたします。

むこうでじゅりあーのさんによろしくな。

 

 

 

とごえもんTwitter
https://twitter.com/BBQ_Lump

とごえもんGmail
mio.slx01@gmail.com


・Lump ホームページ
https://bbqlump.wixsite.com/lump

 

 

 

なに言ってんだ?こいつ

f:id:togoemon:20181217111620j:plain

 

前記事を自分で見返して、「なに言ってんだ?こいつ」となりました。

他者の目線から見るとなおさらだと思います。

togoemon.hatenablog.com

 

違う違う。そうじゃない。ってタイトル画像を使いたかっただけじゃないのか?と。

そう思われた方ひじょうに聡明であると言えます。

ええ、ずばりです。

 

内容は確かに私の気持ちです。

私、自分の考えてる事が本当にこいつなに考えたらこういう事にいたるんだ?と感じる事が多々あります。

そんな自分の気持ちを確かめるために文章にして見返します。

 

なんだ?こいつ?

 

ってなります。

 

今回の事に照らし合わせると、出張BBQをし出した最初の目的はお店の経営状態の正常化です。

まず固定費を削るために人件費を削減したい。

ならば、一人で売り上げれる数字を最大化できる手法が必要。

そのためには、その都度お客に対応する手法だと労力がかかりすぎる。

それを無くすためには予約必須の営業形態かつ、顧客参加型の営業である事が前提。

現在の低価格型の経営だと、前日に予約してまで行くようなものでもない(その程度の価値観)ため、当然のごとく当日予約当日来店が当たり前の形態となる。

この状態は一人で営業して売上の立つ規模の店だと全く問題無いが、二人以上の人員が必要になってくる規模だとひじょうに苦しくなってくる。

来店が見込めないであろう日も人員をいれる必要が出てくるので、このあたりの采配が明暗を分ける。

その条件付けを一切無視できる営業形態のひとつが出張BBQ。

予約ありきのため、全て一人でまわせるように段取りが可能(基本的に私は焼いて出すだけ。その他はお客さんが自主的に動いてくれる)

お店だと一人で必死にまわせる人数がだいたい20〜25人くらいであるが、必死なためミスも多く発生する。

この場合の顧客に対する心象的ロスは計り知れない。

これが出張BBQだと、20名超えでも余裕。おそらく30名まで同時に相手できる。

まぁ、この同時にってのがキモで。お店でも同時でかつ同一団体であればまだ大丈夫ではあるが、そうは問屋がおろしません。

予約だとしても、少人数がバラバラでしかも波状攻撃のごとく押し寄せるのが普通です。

一人でやってるとほんと迷惑しかかかんないですよねw

お客さんは頑張ってる従業員を見に来てるんでなく、ちゃんとしたサービスを受けに来てますから。

 

で、やりはじめて、出張BBQの部分で売上をだしてお店の経営を立て直そうとしてみたんですが・・・

そこでふと疑問がわきました。

お店をやるために独立したのか?

違うよね。

自分の目標を達成するために独立したのよね?

って事です。

お店は手段。私の持ってる技術だって手段。

それなら、その手段で疲弊し目標を見失うくらいなら手放した方が得策です。

固執するとろくな事になりません。

そういう事なら現在の店舗に執着する事は全く必要なくなりました。

欲しいのは売上で無く利益。

利益ってのは単純に言えば、「売上-経費=利益」です。

この経費のなかには家賃や人件費その他諸々が含まれます。

で、お店の商品の値段ってのは材料費はもちろん、その他の経費も全て含めた上での値付けってのしないと経営が成り立ちません。

そこを考えると、材料費以外の部分を削っていけば誰も苦しむ事無く低価格での商品提供が可能ではあります。(低価格で売るのは決して正義ではありませんが)

しかし、我々はただのもの売りになってはいかんと思ってます。

外食する価値をちゃんと提供しないと外食する意味がありません。

ただ食事を提供するだけなら、質の良い総菜でも売ってたほうが百倍いいです。

食はエンターテイメント。

美味しいよりその先に楽しかった!がないと面白くないよね?と考えます。

そのへんを自分なりに追求していった結果のひとつがエンタメ要素の強い出張BBQでした。
実際、ふつうのBBQではないですし、ほとんど全ての人がびっくりしてくれますね。

焼肉のイメージ強いからな〜
BBQってそんなもんじゃないんですよ!ってのを世間に提示したかったって想いもあります。

 

そんな感じです。

 

いちりゅう大塚店ブログ
https://togoemon.hatenablog.com/

とごえもんTwitter

twitter.com

とごえもんGmail
mio.slx01@gmail.com

 

 

 

 

閉める理由

f:id:togoemon:20181216001706p:plain

PVの伸びが半端ないっす!この記事。

togoemon.hatenablog.com


一般の方の、こういうネガティブであろう記事への食いつきってホントすごいですよね。

私も好きですけどね。

色々勘ぐっちゃいますよね?

なんかあったんだろうか?

仲違いか?

資金ショートか?

色々考えてしまいますよね?

 

そのどれでも無いですよ。
本当に遠方で、宮崎に来た時は絶対に行ったろやないかい!と思ってくれていた方には本当に申し訳ありません・・・

週一くらいの割合で来店いただいてた方々には申し訳なさすぎて死にたいくらいに申し訳ないです。



飲食にたずさわる上で、固定店舗での営業ってのはそのうち無くす気でした。

こんなレッドオーシャン、私みたいなタイプの人間には生きていけません。

差別化とか言いながら、やってる事は命の切り売りですよ。(低価格帯のお店の場合)

価格競争の果てに残るのは屍どころか灰じゃないですか?

…隣り合わせの灰と青春…

 

時々ネタをぶっこむので知ってる方はつっこんでくださいw

 

で、私でないとできない事。

私でないと提供できないであろう価値はなんだろう?と考えたワケですね。

その答えは、過去に開催した「カタマリ肉の会」にありました。

 

この宮崎において、このスタイルで肉を提供出来るのは・・・

 

俺しかいない!

 

と、少なくとも商売ベースでやってる人はいなかったので、とりあえず、採算より経験という考えの元、飲み放題込み3000円という破格値でのモニター企画を断行しました。

 

その結果、やればやるほど大変!

なぜか?:毎回現場が違う。準備も1から。天候が常に心配。設置撤収がマジしんどい!

が、しかし!やればやるほど面白い!

なぜか?:毎回景色が違う。オーダーしてくれたお客さんのために全力で仕込みが出来る。本当に食べてもらいたいものをちゃんと食べてもらえる。いい状態で本当にいいものを提供出来る。お客さんとの距離が近い。終わる時間でちゃんと終われる。

 

そんな気持ちがありまして、お店を閉める事にしました。

 

今度行くよーって言ってくれる人に

 

こっちが行くから!

 

って言えるのはなかなか面白いです。

実際、本当に来てくれる気持ちがあっても、車で行く手間。駐車場を心配する手間。空席があるか?を心配する手間。を考えだすとめんどくさくなるのはよくわかります。

 

私はそれがあるので、同業者に名刺をもらっても「忘れた頃に行きますね」って言う事にしてます。

その方がお互い気楽よねって思うゆえです。

 

さて、続きはまた今度。

ねみーっすよ

出張専門!カタマリ肉のBBQ Lump(ランプ)
https://togoemon.hatenablog.com/

とごえもんTwitter
https://twitter.com/MioTogoe

とごえもんGmail
mio.slx01@gmail.com