とごえもんの休憩所

現在更新を止めております。たまに書く予定。

息子に関するいくつかの事柄、その対策。

最近、息子のわがままがひどいんですよ。

朝から…

朝ご飯なんてなかなか食べんから雰囲気わるいんですわ。

ネットでごろごろ落ちてる子育てメソッドなんか屁の役にも立ちません。

あんなもん、一般的な子供なら当てはまるんでしょうが、うちの息子はどうも変わってるというか個性が強いというか…

 

型にはめようとするのは良くないってわかってますし、思い通りになんか絶対ならんし思い通りにしようという考えそのものも良くないってのも重々わかってるんですよ。

 

あほんだらボケこちとら普通の社会生活おくっとんじゃ

子供の都合に合わせとったらおまんま食いっぱぐれるわいや

ぼてくりこかすどわら

 

って言いたいくらい、毎日が戦争です。

朝しか相手してなくてコレですから、妻はもっと大変なのでしょうが。

 

で、まぁ、色々考えて、これまでの生活リズムを維持しつつ息子の行動改善を試みるのは徒労に終わりそうだという事。

観察してる限りでは、息子の中で欲求不満が平日は貯まってるのだろうなという事。

彼的には遊びたいという欲求と我々ともっとコミュニケーションを取りたいという欲求があり、それに順序を付けるのは不可能だという事。

彼のなかでは思いついた事を全てやり終えてから保育園にいく等の次の行動に移りたいという事。

 

そして、対するこちらはそれに付き合うだけの時間の余裕と体力的余裕がないという事。

ゆえに、彼に対してイライラしたりで優しく接する事が出来てない。

色々な分野において成功している人達の指導者というのは、意外にも厳しくなく物事に対しての楽しみ方をうまく教えられる人があたっていたという事実があります。

これこそ、心の余裕があるからなせる技じゃないか?と私は思うわけです。

どうしても人間ってのは疲れているとイライラしますし、せっかちになりがちです。

優しさって体力でできてるよなーと常々思います。

子供の一番の指導者は他の誰でもない実の親であるわけでして、指導者たる親に余裕がないのではその子供の器も余裕がなくなるものかなと考えました。

 

それならばどうするか?
時間の余裕を作って体力作りするか、子供と遊ぶか、子供が起きる前に雑事を済ませて子供が起きたあとに子供と余裕を持って接するかです。

 

では、早起きしかないな…

 

というワケで、早起きを実施する事にしました。

ここにこうやって書く事で自分にプレッシャーを与えてみてるのですが、あまり自信はないので(笑)

 

日数をカウントしていってみようと思います。

今朝はいつもより30分早起きできたので、まずは…

 

早起き1日目!

 

いちりゅう予約フォーム