とごえもんの休憩所

現在更新を止めております。たまに書く予定。

よっぱの戯れ言

こんばんにゃ

出だしでおかしいと思った人、あなたはするどい!
そう、酔っ払いが文章を書くぞー

離脱するなら今のうちやどー
書き始めた現在22:40分。

純米酒4合ほどあけました。

その前にお昼に某鉄板焼きのお店でワイン飲みながら5000円のコース食ってました。

今月の可処分所得ゼロになりますた…

 

まともな文章書けるのか?そもそもいつもはまともな文章なのか?

はなはだ疑問ですが、まぁいいやw

文章は私のカタルシス

はけ口なのです。

 

いや、最近というかここ数年ね、夜の街にメシ食いに行くのにワクワクしないんんですよ。

そこに金を払う意味はあるのか?ってね。

食べに行く時間が遅いってのもありますが・・・はっ!それやそれ。

 

遅い時間までやってるお店に美味い所は少ないんじゃないか?

おいしいお店ってのは、やっぱ仕込みに時間かけるし適性な勤務時間なので従業員のモチベーションも高い。

すなわち自然とおいしい環境となる。

 

「おいしい環境」ってわかります?

我々ね、ぶっちゃけた話、食べ物売ってんちゃいますよ。

楽しい時間を売ってるんだと思います。

 

ああ、楽しかったー

おもしろかったー

また来たいなー

 

とかってね。

味以前にワクワクやドキドキ

時にはほっこり。

そんな感情が人の気持ちを動かすんやないか?と思うわけです。

 

安くしたからリピートする。

しないから(笑)

美味しいからリピートする。

うんまぁ、相性じゃね?

 

ぶっちゃけ、平均所得の低い宮崎ですらね、家はどんどん建ってるわけだしマンション建てればすぐ満室なわけですよ。

 

つまりは金の使いどころが違うわけで、そこに日和って単価を下げてそこに食いつくお客を相手にしとったら、客層はよくならんし先細りになるのは目に見えてるわなぁw

 

そうするよりは、ちゃんと利益を上げてお客さんに還元できる仕組みを考えんと先はないよな~と。

 

価格競争は大手にまかせて、我々個人店は色んな部分で特化していかんとおもろないんですよ。

 

多分、私が他のお店に行きたくならないのもその部分。

とがってる店が少ない。

別に味なんてそこそこでいいんですよ。

行ったらなんか新鮮な気分になれるお店とか、みょーに落ち着くとか。

 

自分の視野がせまいだけかもしらんけど、そういう店ってあまりないんですよねぇ。

最近出会ったいいお店は福岡の「おまめさん」

出合い頭で「ミーハーはいらんぞ」っておねーさんに吐き捨てられて、惚れるかと思ったわw

あ、我々を指して「ミーハー」ね。

キレーなおねーさんがやってるオーセンティックなバーなんですよ。

ameblo.jp

 

そんなお店なんであまり詳しくは書かんですけどね。

とりあえずリンクは貼っときますね。

追い返されても知らん!

 

 

はて?私は何が言いたいんだ?w

んじゃまた!

 

いちりゅう予約フォーム